グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部  > 歯科基礎系講座  > 歯科法医学

生命歯学部

歯科法医学

所属構成員等

教授都築民幸 歯学博士
講師岩原香織 博士(医学)
客員教授佐藤喜宣 医学博士:杏林大学医学部法医学教室・名誉教授
非常勤講師北村 修 博士(医学):杏林大学医学部法医学教室・教授
高木徹也 博士(医学):東北医科薬科大学医学部法医学教室・教授

本学科目は、日本大学医学部法医学教室・上野佐教授により始められ、その後、杏林大学医学部法医学教室・佐藤喜宣教授に引き継がれ、平成17年からは本学生命歯学部・都築民幸教授が担当しています。現在では、上記メンバーがそれぞれの専門分野に関する講義、研究を担当しています。

研究テーマ

当講座は、平成10年に歯科法医学センターとして開設、平成25年に歯科法医学講座となりました。歯科的個人識別、災害医学、災害医療、虐待診断、虐待防止、医療倫理、医療政策、歯科法医学教育手法など、歯科法医学に関わる幅広い研究を行っています。

  • 大事故・大規模災害時の医療救護や歯科的個人識別システムの確立は、歯科法医学センター設立当初からのテーマです。
  • 臨床歯科法医学の立場から、子ども虐待やドメスティック・バイオレンスの歯科法医学的診断、身体的虐待やネグレクトの発見・防止・支援などの実践法についても研究を進め、併せて啓発活動を行っています。
  • 歯学教育については、コアカリキュラムや国家試験既出問題、出題基準の分析を行い、歯科法医学の教育手法について研究を行っています。

学生教育、研究のほか、警察からの捜査協力依頼による身元不明死体の検査や児童相談所からの被虐待児の歯科検査などの歯科法医学実務、歯科医師会における災害対策や災害支援活動に関する研修、訓練の企画や指導、警察大学校における法医専門研修を行っています。

学生教育

第2学年、第5学年、第6学年の歯科法医学講義を担当しています。
臨床歯科学、社会歯科学の観点から、医療に関する社会情勢を認識し、歯科医師としての知識や技術面の充実だけではなく、社会に貢献できる歯科医師の育成を目標として、研究成果を教育に還元しています。
第2学年人の生と死についての基本的な知識を学び、死を防ぎ、生を豊かなものとするための貢献ができる歯科医師になるべく、一人ひとりが考える講義を行っています。
第5学年歯科法医学の理解を深め、知識を修得するとともに、人の死と病態との関連を考え、病院実習を行っている学生が口腔顎顔面だけでなく、一人の人間を診ているという認識を持てるような講義を行っています。
第6学年歯科医学教育の最終学年として、修得した知識を確実なものにし、国家試験、臨床研修、生涯教育に役立つ講義を行っています。