グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ






生命歯学部

解剖学I

所属構成員等

教授佐藤巌 医学博士
客員教授島田和幸 歯学博士・博士(医学)
准教授春原正隆 博士(医学)
講師三輪容子 博士(歯学)
併任・上野隆治 博士(歯学):短大歯科技工歯科 教授
助教関伸一郎 博士(歯学)
非常勤講師坂井建雄 博士(医学)、伊藤正裕 博士(医学)、藤橋敏行 博士(歯学)、
隅田由香 博士(歯学)、森山浩志 博士(医学)、大垣敦則 博士(歯学)、
谷津利夫 博士(歯学)、平形寿善 博士(歯学)、関井啓文 博士(歯学)、
佐藤忠敬 博士(歯学)、河野勉 博士(歯学)、小関博久 博士(医学)、
新井啓之 博士(歯学)、野口顕造 博士(歯学)、山﨑昌彦 博士(歯学)、
渡邉一博 博士(歯学)、山下恭嗣 歯学博士

研究テーマ

発生学、肉眼解剖学および分子生物学レベルから以下のテーマについて研究を行っている。

  • 顎顔面領域の器官形成関連遺伝子群の相互解析
  • 顎関節のマクロ神経解剖
  • 血管発生・再生の分子メカニズム
  • 血小板造血機構の解析

学生教育

全学年で、解剖学の教育が行われている。特に2学年時、献体されたご遺体による「人体解剖学実習」では、全身の解剖を行っている。この実習を通して、献体の意義と重要性を学生に教え、さらに慰霊祭への参加を義務付けるなど、医の倫理教育を含めた歯科医師の育成に努力している。

主な授業項目

第1学年後期歯の解剖学
第2学年前期歯の解剖(永久歯編)
前期歯の解剖学実習
前期・後期人体解剖学実習
前期・後期人体の構造と発生(講義)
第3学年前期人体の構造と発生(講義)
第4学年前期総合基礎医学【人体の構造と発生】
第5学年後期歯科臨床からみる解剖学
第6学年前期・後期・特別解剖学(歯科医学総論)

その他

本学では、昭和39年に、白菊会、日本歯科大学支部を結成し、現在は、日本歯科大学白菊会として、献体の啓蒙活動を行っている。また、卒後研修にご献体を用いた研修会や勉強会を行っている。
献体について

献体についての詳細は下記をクリックして、ご覧ください。
献体 白菊会 日本歯科大学生命歯学部 東京支部(別ウィンドウで開きます)