グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ






生命歯学部

生理学

所属構成員等

教授今井敏夫 博士(歯学)
准教授佐伯周子 博士(医学)
講師井出良治 博士(歯学)
非常勤講師吉田清幸、小林菊生、加藤健一、萩原和明、福田智英、山田好秋、小林則之、河内嘉道、浮谷得子、平島潤子、池田水脈、吉田清輝、角井 淳、牧野真也、牧野尚子、岩崎浩介、牧野路生、原 紀文、橋爪那奈
事務職員大岡実菜
大学院生北島躍一郎、永倉由加里、中村瑛史

研究テーマ

骨吸収過程における骨関連細胞間の情報伝達機構の解析

歯周疾患は軟組織の炎症と歯槽骨の吸収を伴う疾患であり、口腔細菌由来の揮発性硫黄化合物がその病因の一因であることが知られている。骨の生理は骨芽細胞と破骨細胞の相互作用により成り立っている。歯槽骨は常に物理的刺激を受け、さらに口腔内の揮発性硫黄化合物に曝露されている。これらの複合的条件下における骨関連細胞間の情報伝達機構を解析している。

肺、気道からの求心性神経の活動ならびに篩状神経節ニューロンでのイオン動態の解析

内臓(肺、心臓等)から中枢へ伝えられる求心性電気活動の発現と変調に関わるイオン機構を、パッチクランプ法を用いて電気生理学的に解析している。急性単離培養した神経節ニューロン等を用いて刺激時の活動電位の発生や電位依存性チャネル電流を記録し、さらに免疫組織化学/Western blotting法などを用いて多角的な解析を行い、興奮性を調節する機構の一端を明らかにしている。

小児から成人に至る味覚の認知過程の変化を加味した味覚感度に関する解析

2009年度より千葉県市川市歯科医師会と協力して同市教育委員会主催による市立小学校児童の味覚検査を行なっており、集計したデータを基に発達過程における味覚認知の特徴を解析している。味わう過程には味覚の他に特殊感覚や体性感覚、嗜好、記憶や運動など、多岐にわたる機能が影響する。そこで良質な食習慣の形成に役立つ児童に適した味覚検査を調べている。

脳幹-脊髄標本を用いた“呼吸-咀嚼/嚥下機能相関”についての解析

In vitroの脳幹―脊髄標本を用い、顎運動と呼吸運動の指標に各々延髄の三叉神経運動枝と脊髄の横隔神経運動枝から神経活動を吸引電極で細胞外記録して解析することにより、呼吸機能と咀嚼/嚥下機能の機能的な関連性を調べている。さらに興奮性・抑制性伝達物質と拮抗薬に対する反応や免疫組織化学的実験等を組合せて、脳幹に局在する各機能の中枢間の関係性を解析している。

三叉神経領域に出現する関連痛機序の解明

心筋梗塞や肺癌など内臓疾患では三叉神経領域にしばしば関連痛が出現することが知られている。そこで、心臓由来の一次知覚ニューロンの末梢枝から迷走神経節(nodose ganglion)を経て軸索輸送されるニューロントレーサーを神経節レベルで解析している。今後、脳幹レベルでの検討を加え、更に電気生理学的手法を用いてその特性を解析している。

学生教育

歯科臨床の場で必要な生体の機能に関わる基礎的な生理学の知識に加え日々進歩する医学・歯学研究成果を講義内容に反映して、学生が自ら習熟する支援を目指した講義・実習を行っている。特に2・3年の「生理学、生理学実習」では、生命の営みを患者さんに説明できる歯科医師を養成するために、生命機能を理解する上で基本的な概念や生理学的な捉え方・考え方を身につけることを目的とした講義、実習を目指している。また4年ではCBT試験に対応した内容を、5学年では臨床の場で遭遇する病態生理学を中心に、6年では国家試験に対応した内容と臨床科目との関連に焦点を当てた総合的な講義を行っている。

主な授業項目

第2学年前期生理学
後期生理学
生理学実習
生命歯学探求
第3学年前期生理学
第4学年後期総合基礎歯学(生理学)
第5学年前期・後期生理学
第6学年前期・後期生理学