グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部  > 臨床系講座  > 接着歯科学講座

生命歯学部

接着歯科学講座

所属構成員等

教授奈良陽一郎 歯学博士
准教授柵木寿男 博士(歯学)
助教小川信太郎 博士(歯学)、前野雅彦 博士(歯学)
非常勤講師杉山征三 博士(歯学)、森のり子 博士(歯学)、貴美島哲 博士(歯学)、吉村英則 博士(歯学)、中村昇司 博士(歯学)、長倉弥生 博士(歯学)、江黒 徹 博士(歯学)、原 学 博士(歯学)、山田 正 博士(歯学)、丸山沙絵子 博士(歯学)
非常勤歯科医師河合貴俊 博士(歯学)
大学院生石井詔子、村田卓也、林孝太朗、越田清祐

研究テーマ

  1. 次世代低侵襲性接着修復法の確立に向けた基礎的臨床的検討
  2. 革新的デジタルレストレーションシステムの構築を見据えた総合的評価
  3. メタルフリー接着修復による高品位審美性の具現化
  4. 審美的修復材料のin vivo / in vitro接着評価
  5. 口腔内環境想定複合ストレス条件下における接着挙動の究明
  6. 新規修復用器材の開発と評価検討
  7. 非破壊接着評価法の探究
  8. 非回転切削技法による新規修復法の考究
  9. 歯質との親和・一体化を図ったバイオアドヒージョンの創生

学生教育

生命歯学部においては、第3・4学年の歯科硬組織修復学ならびに第6学年の保存修復学を科目名とする講義・実習を担当しています。さらに、接着歯科学・歯科保存修復学に関わる領域について、各学年の総合科目において担当しています。
所属教員による講義・実習担当科目を下表に示します。
第1学年前学期生命歯学概論、歯科医療情報学
第2学年後学期生命歯学探究
第3学年前学期歯科硬組織修復学
後学期歯科硬組織修復学、歯科硬組織修復学実習
第4学年前学期歯科硬組織修復学
後学期統合臨床基礎学実習
第5学年前学期臨実演習(b)
第6学年前学期保存修復学(歯科医学各論)、歯科医学基本特論(必修)
後学期保存修復学(歯科医学各論)、歯科医学基本特論(必修)
特別授業期保存修復学(歯科医学特論)

上記の他に、日本歯科大学東京短期大学における修復学領域の講義科目を担当しています。

その他

日本歯科保存学会、日本接着歯学会、日本歯科審美学会、日本歯科医学教育学会、日本レーザー歯学会、日本歯科理工学会、日本歯科技工学会、硬組織再生生物学会、また海外におけるInternational Association for Dental Research, American Association for Dental Researchなどを主な研究活動の舞台とし、学会発表、原著論文発表などを行いっています。また、他の歯科大学・大学歯学部はじめ、歯科医師会・校友会・スタディーグループ・企業などの講演依頼を受け、最新の基礎的・臨床的情報を提供し、さらに、各所属学会による指導医・専門医・認定医の取得によって、国民が期待する質の高い歯科医療の実践に努めています。