グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部  > 臨床系講座  > 歯科矯正学

生命歯学部

歯科矯正学

所属構成員等

教授新井一仁 博士(歯学)
講師比佐育世 博士(歯学)
助教鈴木章弘 博士(歯学)、栃木啓佑 博士(歯学)、太田佳菜子 博士(歯学)

研究テーマ

  1. 歯列弓形態の三次元的分析
    Three-dimensional morphometric analysis of dental arch form

  2. プリアジャステッド・アプライアンスのメカニクスに関する臨床的研究
    Clinical study in treatment mechanics of preadjusted appliances

  3. 不正咬合の人類学的研究
    Anthropological study of malocclusion

  4. 歯の異常の遺伝的背景
    Genetic origin of dental anomalies

  5. 矯正力の三次元バイオメカニクス
    Three-dimensional biomechanics of orthodontic force

学生教育

 生命歯学部の教育において歯科矯正学では、第3学年後学期と第4学年前学期、および第6学年で講義を行っています。
 第3学年では、歯科医師として必要な基礎的知識を修得するために、歯科矯正学の成立と意義、成長発育、生体反応、ならびに咬合に関する知識を修めたうえで、不正咬合の診断に関する知識、第4学年では、不正咬合についての理解をさらに深めるとともに、不正咬合を治療するための知識を身につけることを目標としています。講義では、主に顎顔面の発生と成長発育・咬合・正常咬合・不正咬合の原因と予防、診断学では各種検査法や総合的診断法、治療学では、各種矯正装置の作用や構成・適応症・矯正による生体の反応・矯正の力学・不正咬合別に矯正治療の実際の診断と治療法などについて学びます。
 第4学年では、幾つかの伝統的な矯正装置の製作や矯正のワイヤーの屈曲練習などの実習、および患者さんや保護者に不正咬合の説明を行う際の技能と態度を要請する実習を行います。
 第6学年の講義では、第5学年での臨床参加型の臨床経験を踏まえて知識の臨床応用を主体に学びます。