グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部  > 臨床系講座  > 歯科放射線学

生命歯学部

歯科放射線学

所属構成員等

教授代居敬 歯学博士
准教授佐藤健児 歯学博士、河合泰輔 博士(歯学)
講師浅海利恵子 博士(歯学)
助教浅井まどか 博士(歯学)

非常勤講師9名、大学院生1名である。

講座としての主務は「研究」と「教育」であるが、職員は病院の歯科放射線・口腔病理診断科を併任し、画像診断などを担当している。そのほかに、臨床関連では歯科衛生士の教育、臨床実習生や臨床研修医の教育の一端を担っている。

放射線検査室で活用している検査機器は、歯科エックス線撮影装置4台、パノラマ撮影装置2台、頭部エックス線規格撮影装置1台、一般撮影装置1台、頭部撮影装置1台のほか、エックス線テレビジョン1台、CT1台、そして歯科用コーンビームCT装置を有している。

また、講座では研究用装置として、解剖学第1講座・歯科法医学センターと協同でストレッチャー対応のパノラマ撮影装置と歯科用コーンビームCT装置を所有している。

研究テーマ

臨床の側面をサポートする意味合いから、当講座では歴史的に放射線物理学的研究と放射線生物学的研究を行ってきたが、最近ではインプラントの適応が拡大されてきていることを反映して解剖学第1講座との協調でインプラントと関連する解剖学的指標の検討や、インプラントのエックス線診断(初診時からフォローアップまで)に関する研究が盛んに行われている。

その他

研究のベースとなっているのは、生命歯学部解剖学第1講座と附属病院インプラントセンターと協同で10年以上も続けてきている「日本歯科大学校友会ポストグラデュエートコース」から得られている協力関係による成果でもある。