グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部  > 在学生の声

生命歯学部

在学生の声

本学の在学生の声をご紹介します。


歯科医学の基礎を修得する

相澤政利 生命歯学部1年
福島県出身

1年生はバランスの取れたカリキュラムにしたがって、歯科に関する専門的な知識を習得するための準備期間になっています。講義は「医学統計学」などといった今までに習ったことのない科目があり、興味が湧いてきます。また、実習科目にある「病院医療概論実習」の授業は、附属病院に行って先生方からさまざまなことを教わります。
クラブ活動は学生生活の楽しみのひとつで、自分は硬式テニス部に所属していますが、先輩方も優しく充実した日々を過ごしています。
1年生のうちは初めて経験することがたくさんあり、新鮮な気持ちで学生生活が送れます。

講義と実習で基礎を学ぶ

藤田遥 生命歯学部2年
東京都出身

2年生ではさまざまな基礎系科目を学びます。先生方の熱意あふれる、きめ細かい講義は将来私たちが学ぶ臨床科目と基礎系科目がどのようにつながるのかを具体的に学ぶことができます。本学附属病院診療科の先生方の講義を低学年から受けることができるのも本学の魅力のひとつであると感じています。
口腔解剖学実習では、座学で学んだ一本一本の歯の外形、特徴や役割などの理解をより一層深めることができます。実習では多くの先生方が丁寧にご指導くださるので、うまくできないな、と行き詰ったときには具体的な助言をくださいます。毎日の講義・実習を大切に、勉学だけでなく部活にも努力を積み重ね、充実した一年にしたいと思っています。

学業と4つの部活動で充実した大学生活を過ごす

倉治竜太郎 生命歯学部3年
東京都出身

私の家は祖父の代から歯科医業を営み、父や叔父が本学の卒業生です。そのせいか幼い頃から多くの歯科の先生方に囲まれ、気付いた時には歯科医師を、そして父が学んだこの大学をめざしていました。

3年生になった今は、美術部や解剖学研究会など計4つの部活動と共に、週2日は歯科助手のアルバイトをしています。学業と遊びをバランス良くこなすのは大変ですが、それでも毎日の勉強が楽しく、充実した大学生活を送っています。

きれいな校舎に充実した設備・施設、人材を育む良く練られた授業カリキュラム。そうした自由でのびのびした勉強の場のおかげで、私は日々安心して歯科医師への道を突き進むことができるのだと思います。

専門領域を学び歯科の奥行きを知る

山川樹 生命歯学部4年
東京都出身

4年生では、1週間のほとんどが実習というカリキュラムになっています。実習では、患者さんに見立てた模型を使い、診療を意識しながら治療技術を修得するだけではなく、患者さんに対する治療時の声かけや接し方などを、先生方に時に厳しく、時に優しく指導していただきます。実習をおこなうことで、将来歯科医師になるという実感がわき、さらに勉学に身が入ります。
講義では、各論に入り歯学界の第一線を走る先生方の臨床例に触れることができ、知識を深めていくことができます。また、4年生になると部活では幹部学年となり、部をまとめる責任のある立場であり、加えて今年は歯学体(デンタル)主管ということもあり、勉学に部活にと大変ですが、充実した大学生活を送っています。

病院で歯科医療の実際を体験する

平賀智豊 生命歯学部5年
千葉県出身

現在5年生として臨床実習に日々励んでいます。附属病院でおこなわれる臨床実習は、これまで机上で学んできた知識や考えを整理し、さらに深めていくことのできる最高の場であると思います。実習をしていくなかで戸惑うことはありますが、先生方の丁寧な指導や、先生・病院スタッフが開催してくださる勉強会も多く、学生が積極的に学ぶ環境が整えられています。また、学生生活も残すところあと2年というこの時期に“臨床の現場”に触れることは将来の自分のあるべき姿、進むべき道を見据える良い機会といえます。学生という身分ではありますが、病院スタッフの一員として多くの方々と接することができるこの一年間は良い刺激を受け、自らを高めることのできる有意義な時間となることでしょう。