グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > News&Information  > 新入生諸君へ

お知らせ

新入生諸君へ

生命歯学部の使命

                                              生命歯学部長
                                                 住友雅人

 この文章をしたためているのは平成24年3月29日です。みなさんとは午後に開催される就学説明会でお会いするのを楽しみにしています。このHPは帰ってから見ることになるでしょうが…
 さて本日、附属病院では日本医療機能評価の実地審査の最中です。わかりやすく言えば、日本歯科大学附属病院がある決められた基準をクリアしているか否かの試験を受けているのです。歯科病院で日本医療機能評価機構の認定証を持っているところは本学附属病院の他には全国でわずか2ヵ所しかありません。再審査は5年ごとに行われますが、本院は今回が2回目の受審です。病院としての機能をソフト面、ハード面から評価されます。一夜漬けではとても合格はできません。日頃の病院の姿勢が問われます。受験料も決して安くはありませんし、病院のソフト、ハード面を常に高い水準に保つには経費も掛かります。もちろんこれは、本院に来られる患者さんが安全にそして安心して治療を受けていただくために必要な配慮です。患者さんだけではありません。ここで働き、学習する者すべてに対しての安全・安心な環境づくりのためでもあります。附属病院の重要な使命のひとつは、歯科の医育機関として、歯学生への臨床現場の教育です。この環境をそのまま学生諸君の学習の場として提供する意味においても、日本医療機能評価の基準をクリアできているということは高い価値があります。
 本学は学習の目標を「患者さんに受け入れられる人格と診療能力の習得」においています。歯科医師は国家免許が必要な世界ですから、国家試験に合格しなくてはいけません。しかし、国家試験の合格だけが目標ではありません。本学が提供するカリキュラムに積極的に取り組んでいれば、国家試験の合格はおのずとついてきます。私たちはいわゆるペーパードライバーを養成するつもりはありません。卒業後、歯科医師という立場で、臨床、教育、研究のさまざまな分野で、本学で習得した脳力を用いて、社会貢献ができる人材を世に送り出すのが私たちの使命です。
 さあ、学生諸君はいよいよ6年間のスタートです。私たちも気持ちを新たにしました。