グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 概要  > 教育の特色

概要

教育の特色

本学の教育の特色をご紹介します。


日本歯科大学生命歯学部での6年間

本学は創立以来100余年、自立して歯科医療を担うことができる医療倫理観をそなえた歯科医師の育成に努めています。
医学の一領域・人体の健康を担当する医療人として、生命体ならびに生命体への医療行為を学ぶことにより、知識と技術と倫理観を兼ねそなえた歯科医師の育成をめざしています。


生命歯学部は、6年一貫制のカリキュラム編成で、一般教育系から、歯科基礎系、歯科臨床系教育へと効率的で整合性のある講義・実習をおこなっています。
さらに、自己学習能力を養うための問題基盤型学習(PBLテュートリアル教育)や、コミュニケーションの能力を高めるための授業を取り入れています。

第4学年次には、医療系大学間の共用試験(CBT・OSCE)を受験します。

第5学年次の附属病院での臨床実習は、主として総合診療科において診療参加型の実習を実施しています。これは、クリニカル・クラークシップにもとづき、学生が医療チームの一員として医療行為の一部をおこない、歯学生としての責任を負うことによって、歯科医師となるために必要な知識・技術のみならず、態度・価値観を身につけることを目的としています。他にも、小児歯科、口腔外科などの総合診療科以外の診療科におけるローテート研修や救急、レントゲン撮影等のシミュレーション主体の研究、ペーパーペイシェントを課題としています。

ディプロマポリシー

 生命歯学部は以下の要件を満たす学生に対し、「学士(歯学)」を授与する。
①建学の精神、「自主独立」を実践できる。
②歯科医師に必要な教養と医療倫理観を有する。
③
本学の教育目的に基づくカリキュラムを履修し、所定の卒業単位合計199単位以上を修得している。

カリキュラムポリシー

 生命歯学部のカリキュラムポリシーは、「幅広い教養と倫理観を持った医療人を育成する」ことである。