グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム  > 生命歯学部

生命歯学部

生命歯学部


専門的な世界のみならず一社会人、一医療人としての教養も重視したカリキュラム構成が本学の特色です。


本学の在学生の声をご紹介します。


本学を卒業した先輩からのメッセージをご紹介します。


豊かな人間性を養い、歯科医学を学ぶために必要な知識を修得します。
1年から2年次にかけて、医療人初期教育、人文・社会科学、自然科学(物理、化学、生物、数学、自然科学実験)、語学教育、情報科学、健康とスポーツの6つの項目を、効率よく編成された時間割にしたがって、週5日間にわたって学びます。また、問題を発見し解決する能力の向上を目的としたPBLテュートリアル教育も取り入れています。


歯科基礎系科目は、歯科医学の基礎的知識をより深く追求します。
授業は、講義と実習がセットになっておこなわれ、実習では、教員の数も多く、きめ細かな指導が特徴です。これらを通じ、これからの歯科医療人としての見識と、幅広い知識と技術の修得を目標としています。


歯科臨床系科目は、一般教養系と歯科基礎系科目で修得した知識と技術をもとに、さらに高度な学識と技術の修得が目標です。
歯科臨床系科目は、歯科保存学、歯周病学、歯科補綴学Ⅰ、歯科補綴学Ⅱ、口腔外科学、歯科麻酔学、歯科矯正学、小児歯科学、歯科放射線学、歯科法医学、内科学、外科学があり、講義と実習をおこなっています。


臨床実習についての情報がご覧いただけます。


55名の客員教授をご紹介します。(2017年4月1日現在)